Norisuke's Eye @Tumblr
紹介される事例には非常に興味深いものがあるが、本書全体で主張されることには特に目新しいものはないと思う。自分の身の周りに活かし切れていないものはないか探すこと。周囲との繋がりを大切にすること。グローバルvs.ミクロ、なんて話に持って行くまでもなく、あらゆる企業で上司が垂れている訓示の中にいくらでも含まれていたはずのことだ。むしろ本書の特異さは、グローバル経済を踏まえた議論ばかりがもてはやされる現在に、この手の泥臭い方法論が経済のありようを変え得る、と、事例を踏まえて言い切ったことだろう。
過疎村とまでは言えないまでも東北のいち地方都市で暮らしていると、メディア上でもてはやされる経済噺が全く空論に思えることが多い。消費を増やせ、などと言われても、今ここで大盤振る舞いをすれば来月を無事迎えることなんて不可能、というレベルで地方の中小企業の多くはやりくりしている。’00年代はいざなみ景気だったそうだが、好景気を実感できる局面など一切なく、むしろ労働条件の悪化ばかりが目立つ時期だった。小売店の店員がどこも素人のパートばかりになり、品揃えが売れ筋ばかりになった。バイトの時給はどこを見ても下げまくり。景気が良くなったところでこちらには何の恩恵もないと思わずにいられなかったあの時期を通過したというのに、今度景気が安定したら消費税を上げるとか言い出す政府。震災の痛手に差し向けてくれるはずだった復興税が好き勝手使われている現状。そんな今「もう何も期待せず自力でやっていくしかない」と諦めきっている企業人にこそ本書は力をくれる。
自分らの「里山」を必死で探そう。世論やエラい人たちの口車で動くのはやめよう。自分らの身と食い扶持は自分らで守ろう。それで正しいんだ、と思わせてくれる。そんな一冊です。

アイドルには恋愛禁止が有るというのは有名な話ですが、それを理由に裁判まで踏み切る運営会社が遂に現れました。訴えたのは「青山☆聖ハチャメチャハイスクール」というグループの運営会社で、メンバーや親権者、交際相手のファンに損害賠償を請求しているとのことです。
このグループからは恋愛絡みで2名のメンバーが脱退しており、運営会社側は相手の実名を暴露して脱退理由などを説明していたと報道されています。請求している損害賠償の金額は823万2400円で、運営会社は交際相手のファンに内容証明書などを送付しました。


これ、運営会社側が逆に名誉毀損などで交際相手のファンから訴えられると思います。そもそも、アイドルグループの「恋愛禁止」には法的拘束力は全く無く、それどころか契約その物が「公序良俗に反する」と指摘されているのです。日本の法律では奴隷的な扱いや身体的に理不尽な拘束を要求する契約は禁止されているわけで、アイドルグループの運営会社の方が思い上がっていると言えます。

これはアイドルだけではなく、他の業界などにも言えることですが、法律を無視した都合の良い契約を作っている会社があまりにも多過ぎです。法律を無視した契約はただの口約束に過ぎず、法律を度外視した契約を理由に解雇などをしても、それは労働法違反等になります。
今まで訴えることがあまりなかったから会社側も気がついていない傾向が見られましたが、今回の騒動を機会に違法な契約の取り締まりを強化するべきです。
昔、まぶたを虫に刺されて腫れたので眼科へ行きました。そしたら3時間待った挙句に、全く説明もないまま検査、検査の連続。虫刺されなのに、なぜ視力検査?なぜ乱視の検査?しかも診療はほんの3分。検査結果も教えてくれませんでした。
それから、重症でない限り病院へは行かないと決めました。熱が出ても、風邪をひいても自分で治そうと思いました。しかし不思議なことに、そう決めると本当に病院へ行く必要がなくなります。インフルエンザが流行っても、周りがインフルエンザで次々と寝込んでいる中で自分だけがピンピンしている状況が何度もあり(予防接種は受けていません)、なぜだろうと疑問に思っていました。

薬や医者に頼らず、自分の免疫力を高めることが大事
本当の名医は自分の中にいる
norio(公式) on Twitter: “やなせたかしが昨年、アンパンマンのHPに掲載した「6月のごあいさつ」 「血走った眼をして愛国とか正義とかさけんで殺人に熱中している そのくせ天災にはあわてふためく アホなんだからしかたがないおなじアホなら平和ボケのほうがよほどましだ」 http://t.co/wAHpZbqLHl”
原発事故直後、政府はメルトダウンはしていないと言っていました。

自称専門家の皆さんも『絶対に』原発は壊れないと言っていましたね。

さて、壊れてますが・・・・・どうなんでしょう。

2011年5月に福島市渡利地区にある某敷地内において雨どいの下が360μSv/hありました。

そのことをツイートしたら、当時、博識なおじ様や自称専門家の方々から『ありえない』『素人がそんな測定をして公表すべきでない』とか言われました。

さて、本当でしたが・・・・・どうなんでしょう。

何だかよくわからないのですが、博識ぶった自称専門家みたいな人々がいろいろ適当な事を言って偉そうにしています。

ばかみたいww

福島はホルミシス効果で世界一の長寿都市になるって言ってた方もいましたねww

今じゃどうでしょ?

福島の人口調査は公表されない状況です。

大震災や原発事故関連の自殺者などがカウントされると、データとしてフラットでないかららしいです。

まるで子供の言い訳です。

一部の目立ちたがりの医者たちは何にでもコメントします。

あ、物理学者にもそーゆー人いますねww

なんで専門でもないのに断定的に物をいうのでしょう。

そして事実が違ったら姿をくらまして知らんぷりでしょ。

原発が安全だと言ってきた人々が今回の事故を受けて、発言を撤回しましたか?

小出先生をあれだけコケにしてきた東大の先生は、公衆の場で小出先生に謝罪したでしょうか。

メルトダウンしていないと言い張った人々は、無責任な発言を撤回して間違いであったことを認めたでしょうか?

なぜ、大事を取りましょうという人々の感情を否定して、安全を断言する必要があったのでしょうか。

少なくともメディアは事故当初の安全情報拡散と同等の誤報道であったことを戒める記事を掲載すべきではないでしょうか。

自分の仕事に対するプライドはないのでしょうか。

古館氏は立派だとおもいます。

いちいち文句をつけたい暇人の輩がいろいろ言うようですが、そんなこと言って暇つぶしをする人生がそんなに有意義なのでしょうか。

情けない。
アドラー心理学を理解するうえで、基礎となる考え方をご紹介します。

世界はシンプル、複雑にしているのは自分自身

世界や人生が複雑なのではなく、自分が複雑にとらえているだけ
自分が色眼鏡を外せば世界と人生がシンプルであることに気づく

「原因論」を否定し、「目的論」の立場をとる

人は「過去の出来事」に行動を縛られたりはしない(原因論の否定)
常に「未来の目的」のために行動を選びとっている(目的論の肯定)
ゆえにトラウマは存在しないし、感情に支配されることもない
これまでの人生に何があったとしても、今後の人生を生きる上で何の影響もない

人は「自分を変える」ことができる

起こったことをどう解釈するかは「ライフスタイル」(性格、思考パターン、人生観)で決まる
人は「ライフスタイル」を自ら選んでいる
いま選んでいるライフスタイルで不幸ならば、もう一度選びなおせばいいだけ

すべての悩みは「対人関係」

個人で完結する内面の悩みというものは存在しない
どんな悩みにもどこかで他者が介在する

「間違った劣等感」と「劣等コンプレックス」を捨てる

理想とする自分に対していまの自分が「足りていない」と感じるのは「正しい劣等感」
他人と比べて自分を「劣っている」と感じるのは「間違った劣等感」
「自分はここが劣っているから○○できない」と考えるのは「劣等コンプレックス」

承認欲求を否定する

自分は他者の期待を満たすために生きているのではない
同時に他者も自分の期待を満たすために生きているわけではない
ゆえに人間の承認欲求は否定されなければならない

課題を切り分ける

人はそれぞれ自分の課題に立ち向かうために生きている
「自分の課題」と「他者の課題」を分離して考え、「他者の課題」には踏み込まない
自らが信じる最善の道を選ぶことが「自分の課題」で、その選択を他者がどう評価するかは「他者の課題」

自由とは「他者から嫌われること」

すべての人から嫌われないようにする生き方は不自由だし、実質不可能なこと
自由を手に入れるために支払うべき当然のコストは「他者から嫌われること」
わざわざ嫌われる、のではなく、嫌われることを恐れずに前に進む

「対人関係」で目指すゴールは「共同体感覚」

「共同体感覚」は他者を「仲間」だと思え、そこに自分の居場所があると感じられる感覚のこと
この感覚を持てれば、すべての「対人関係」の問題は解決する
「共同体」とは、家庭、職場、社会・国家、人類、動植物、無生物、過去、未来など文字通り「すべて」

自分の正確な大きさをとらえる

課題の分離で「自分にできること」と「自分にできないこと」を理解する
それ以上分けられない「個人」としての自分を理解する(心と体、理性と感情、意識と無意識など)
自分は世界の中心などではなく、「共同体の一部」であることを自覚する

すべての人と「横の関係」を築く

「縦の関係」を否定し、すべての人間関係を「横の関係」にする
会社の上司に対しても、自分の子どもに対しても「同じではないけれど対等」という意識を持つ
褒めることも叱ることもしてはならない(相手を評価して操作することが目的になるため)
純粋な感謝をするのみ(ありがとう、うれしい、助かったよなど)

人はここに存在しているだけで価値がある

誰かがかろうじて命をとりとめたとき、無事に存在してくれているだけで喜びを感じるもの
人はありのままの姿で、ここに存在してくれているだけで喜び、感謝を伝えるべき対象である

※ この要約項目の引用者がどちらかと言えば自己啓発系統の人なので、偏ってる可能性はありますが、およそ何にせよすべての引用は偏りがあるもの。わたしたちの想像力がそれを克服します。

 アドラーはフロイトなどとはかなりカテゴリーの異なる発展をしています。
 かなり小市民的な認識要素を許しています。
 が、同時に非常に社会共同的で、核心的で革命的な人間についての認識論のようです。 
 実体経済がデフレの縮小循環のままで、異次元金融緩和と称して新発債の7割を日銀買い入れ、相当額を日銀当座にブタ積みの状況。
 国家債務の通貨化ということは、財政側は金利も元金も踏み倒しということ。

 縮小循環のままなので、賃金は下がる一方、消費需要はますます減少。
 需要が拡大しないのに企業が設備投資を増やすわけもなく、日銀当座は流通通貨(マネーストック)にならない。
 原材料高騰と消費増税で物価は猛烈に上がってきている。
 勤労家計の実質可処分所得は急速に減少を続けている。

 この政府がやっていることは、国民経済への破壊工作以外の何物でもない。
 一昨年まではデフレ循環で、安ければ買える、安くなければ売れない状態だった。
 いまや、この状態にインフレが加わってしまった。

 安くても買えない、安くても売れない時代が始まった
リコーイメージングの新型タフカメラWG-M1の詳細スペックと画像 - デジカメinfo

468 :愛蔵版名無しさん:2011/04/15(金) 07:48:02.52 ID:???

  藤子不二雄Fは大友克洋との対談で、漫画の質を問題視する大友に対して
  今の漫画界は、山のようなクズ作品を許容する懐の広さがあるから
  その中から傑作も生まれてくる、それをいい漫画だけにしようなんて考え始めたら、衰退が始まるんだと言っていた

  子ども向け漫画を描いてる人だからもっと倫理的なことを
  言いそうだったけど、やっぱりこの人は凄いなと思った

2011年、まだ錦織選手のコーチになる前に二人は対談していた。そのときのマイケル・チャンの言葉が錦織選手に大きな影響を与えたのではないだろうか。この対談の錦織の表情でマイケル・チャンの言葉が「腑に落ちる」ような錦織選手の表情から伺い知れる。

コートの外で誰かを尊敬するのは構いません。しかしコートに入ったら「お前は(私が目指す道にとって)邪魔な存在なんだ」と言い切る決意が必要なんです。
「優勝するのはお前じゃない!俺だ!」という気持ちでなければ戦う前に負けてしまいます。