Norisuke's Eye @Tumblr
日本社会に長い間暮らしてきた人間として強く思うのは、「自己を客観視しない価値観」が問題だと思う。失業したり、なにかひどい目にあったら、それが直接「自分自身の価値の喪失」と捉える文化がこの国にはある。仕事や学校、そのようなものに自己を同化させて、そこでの評価が絶対となっている。

自殺率が比較的低い国(アルゼンチン、英国、スペインなど)の人たちと話していて思うのは、彼らにはそのような価値観が全く理解出来ないだろうなということだ。彼らの世界は自分中心で作られており、どんなことがあってもそのせいで「自分自身の価値自体が喪失」したとまでは考えない。平たく言えば、だいたい他人か社会のせいにして、「おれ、悪くないから」で済ます。

またそれに付随することとして、日本人と議論して相手の意見に異を唱えると、とかく彼らは感情的になる。あたかも自分の存在が否定されたかのように感じるらしい。外国人との議論では前提となるのは「各自が違う意見を持っていることが当たり前」ということだ。だから、反対意見を言ったところでそこまで感情的にこじれることはない。
日本社会に長い間暮らしてきた人間として強く思うのは、「自己を客観視しない価値観」が問題だと思う。失業したり、なにかひどい目にあったら、それが直接「自分自身の価値の喪失」と捉える文化がこの国にはある。仕事や学校、そのようなものに自己を同化させて、そこでの評価が絶対となっている。

自殺率が比較的低い国(アルゼンチン、英国、スペインなど)の人たちと話していて思うのは、彼らにはそのような価値観が全く理解出来ないだろうなということだ。彼らの世界は自分中心で作られており、どんなことがあってもそのせいで「自分自身の価値自体が喪失」したとまでは考えない。平たく言えば、だいたい他人か社会のせいにして、「おれ、悪くないから」で済ます。

またそれに付随することとして、日本人と議論して相手の意見に異を唱えると、とかく彼らは感情的になる。あたかも自分の存在が否定されたかのように感じるらしい。外国人との議論では前提となるのは「各自が違う意見を持っていることが当たり前」ということだ。だから、反対意見を言ったところでそこまで感情的にこじれることはない。
マリナーズのイチロー選手が、確か打率争いをしている他の選手についてのコメントを求められたときだったかと思いますが、こんなことを言っていました。 「彼の打率は、僕にはコントロールできない。だから別に興味はありませんね」 このコメントは、僕の心に深く焼き付いています。 自分でコントロールできるものとコントロールできないものを区別し、自分がコントロールできるものだけに集中する。自分がコントロールできないものには興味を持たない。
おじさんに鬱病になりやすい仕事の仕方があるって教えられました。それは、いまやるべきことを先延ばしにしちゃうこと、だそうです。脳は先延ばしにした仕事をずっと気にしてしまうそうで、そのストレスが結構高く、いつの間にか自分ダメだなと責めちゃうマインドに陥りやすいと。Melo_Sugar
とある原発の溶融貫通(メルトスルー)
腔腸動物に代表されるように,生命の発生は腸からおこっている.脳がない生命があっても腸がない生命はない. この腸壁の神経叢の構造が,神経回路網で構成され,あたかも脳の構造と原理的に類似しているそうだ.(腸内の粘膜下神経叢などは,ニューラルネットワークでまさに脳の構造だそうだ.) このネットワーク内にパルスの流れが自励的に発生し,腸の3種類の運動(蠕動運動など)が起こるのだそうだ.

原発を爆発させた東電も安倍晋三も一切、責任を取らず、そればかりかまだまだカネを使う気マンマンです。

———————————-
実効性・有効性の視点からは既に失敗が判明済みの
凍土壁をごまかすためのワンクッション作戦。

やつらは責任回避能力が超一流。
巧みに自分達の自己保身用に法に抜け穴をしかけておいたり、
見せ掛けだけの一生懸命さを宣伝する害虫集団。
安全性やコスト意識は三流以下。

その邪悪さは殺される事でしか消えない。
———————————-
流れも水温も計っているだろうし
できるかできないか計算できなかったんだろうか
———————————-
無駄と知っててやってるに決まってるじゃんwどこかがたくさん儲けたんだよねーまるでインサイダー取引w無駄は儲かるよね死ね
———————————-
税金湯水のようにつかってま~す
自民党が守ってま~す

近所で夏祭りがありまして、
花火などを見てまいりました。
ムスメは去年よりも「キレイ!」ということをハッキリ認識出来るようになったらしく、
ドーン!パーン!パラララ!と咲く花火に、
「きれいだねー!あかー!きいろ!みどりー!」
とはしゃいでおりました。
花火が終わってからも、
「もういちど!もういちどみるー!」
と泣き叫ぶムスメ。
「なーに言ってんの!花火はそう何回もできないの!」
とか言いながら、妙なことを言うもんだと可笑しくなっていたのですが、
そこではたと、
ああそうか!DVDやパソコンの動画のように、
何度も見られるものだと思っているんだなー…
と気づきました。
考えてみると、ムスメは生まれたときから
「何度でも見られる」という便利が当たり前なんですよねー。
自分が子供の頃って、基本それっきりだったとおもう。
たとえばテレビでも、ビデオですらそんなに普及していなかったから、
テレビのアニメは見逃したらそれまでだったし、
好きな番組なんかは少しでも反芻して楽しめるように、
それは一生懸命見ていたような気がします。
ホント、今みたいに手軽にDVDなどで見たいものが見られるって、
夢のような便利さだなー…と思ってしまいます。
花火を通じて、ムスメとの考え方のギャップを感じました。

手軽にいつでも何度でも見られる便利が当たり前というのはたしかに羨ましいけど、
一期一会ともいえるような、あの濃密な、
沸き立つ意識も実によかったんですよねー。
今の子供って、見たいテレビがあるから、
全速力で家路につくとかするのかなあ?

考えてみると、今の時代ってホント、
自分の都合に合わせやすい世の中になりましたよね。
見たいものはお手軽になんどでも見られる媒体が激増し、
情報も、ネットなどで欲しいものをすぐに取り出せる。
買物だって店に行くより、ネットのほうがすぐに見つかって確実に手に入り、
最安値さえも瞬時に調べられるから、送料を含めても安いことが多い。
連絡だって携帯電話ですぐつながる。
便利がありふれたものになって、
自分が都合を合わせるってことの割合が、
昔よりはるかに減ったよな~って感じます。
そういう世の中で育つムスメ。
「自分に周りが合わせるのが当たり前」
という考え方にならないように、慎重に育てていかないとな~…
って思います。

言戯3: 花火のあと (via petapeta) (via tnoma) (via usaginobike) (via nemoi) (via bardiche-side-b) (via gkojax)
2009-08-06 (via gkojay) (via pcatan) (via shortcutss) (via siggekix) (via edieelee) (via yoshitsuchi)
十代の学生たちに、今は使われていない昔の生活用品について聞き取りをしなさい、という課題を出したら、お祖母さんに話を聞いた、という学生からこんなレポートが返ってきた。
「音楽についてですが、LPレコードが主流だったそうです。針をのせるとレコードが回って音が出るそうです。」
 この無垢な文だけでも十分衝撃だったが、さらに、とどめのひとことが添えられていた。
「裏面もあったそうです。」
東京人書評(細馬宏通) (via tessar) (via darksidejedi) (via hanage) (via yellowblog) (via pdl2h) (via starchart) (via mnky) (via tekiomo, dotimpact) (via ryoutarou3) (via m0c0m) (via layer13) (via interglacial) (via atm09td) (via rokuroku) (via hektor3a) (via zaiga) (via nothot) (via uessai-text) (via toutiku-m44) (via itokonnyaku) (via soku812) (via edieelee) (via yoshitsuchi)
 わたしが精神科医として沢山の人たちと接しているうちに気づいたことがあって、それは人間にとって精神のアキレス腱は所謂「こだわり・プライド・被害者意識」の三つに過ぎないというまことにシンプルな事実である

春日武彦『不幸になりたがる人たち 自虐指向と破滅願望』文春新書 P67

bk1 Amazon

(via buecherbrett)